emuramemo

製品レビュー、HTML/CSS、webデザイン、音楽、その他いろいろ

モニターヘッドホン AKG K240 MKIIを購入

f:id:emj1025:20160827125412j:plain

SONYのMDR-7506を長いこと使っていますが、側圧がキツイと感じていて側圧緩めの長時間かけれるようなヘッドホンを探していました。SONY MDR-CD900は側圧緩めでかけ心地が良いのはわかっているんですが、せっかくなので別メーカーで別のキャラクターのヘッドホンが欲しい。

 

AKG(アーカーゲー/アカゲ)のK240系が長時間付けても疲れにくいとのレビューが多かったので、AKG K240 MKIIを購入しました。

 

 

SONY MDR-7506と比較

MDR-7506は元気なサウンドが耳元間近で音が密集して聴こえるのに対して、AKG K240 MKIIは少し距離を置いたところで音が鳴っており少しおとなしいです。

 

音の輪郭が少しやわらかく中低域がボワッと聴こえます。最初に聴いた時はこもってる?と感じました。音が鳴った後、隙間に響いていく(胴鳴り感?)のがわかるのでそれがボワッと感じる原因なのかもしれません。

 

しかし音の位置がわかりやすい。低音成分が多めなのと音の分離感のおかげでベースが聴こえやすい。フラットかと言われると悩ましいですが、立体感を感じやすいです。

 

AKGの中では定番と言われるヘッドホンですが、クセを掴むまで時間がかかりそう。

 

リスニングについては、アコースティックのほうが向いていると思いきや打ち込み系やロックなどのソリッドなサウンドの曲を聴くと圧力が少しやわらいで好みでした。

 

 

モニタースピーカーと比較

モニタースピーカーとK240 MKIIを聴き比べてみるとK240 MKIIはスピーカーに近い質感。ヘッドホンの音が押し寄せてくる感じではなく、スピーカーの音を耳の近くで聴いているようです。これがセミオープンならではの開放的な音なのでしょうか。長時間音を聴いていても疲れにくい。

 

家のスピーカーはYAMAHA HS5です。これと比べるとAKG K240 MKIIが少しこもっているように聴こえますが、HS5が低音成分が少なめでハイがかなり出るのでそう感じるだけかもしれません。ずっと聴いていると慣れますがMDR-7506とくらべてもK240 MKIIのハイは少し物足りないかも。

 

 

付属品など

f:id:emj1025:20160827125351j:plain

イヤーパッドが耳をすっぽり覆うので夏場はかなり蒸れます。蒸れを感じる人はベロア素材がオススメとのことで付属のベロア素材のイヤーパッドに交換してみると、さらにこもる感じがあったので初期状態のものに戻しました。

 

側圧はSONYのMDR-7506と比べてやわらかいですが、どっちにしろ長時間付けてると痛くなってはくるのでもともと僕の耳が弱いのかもしれません。でもちょっとはマシになります。


コードはXLRのミニ端子(初めて見た!)で着脱が可能で、ストレートとカールコードが付属。AKGは付属品が充実ですね。こちらもコードを変えると音も変わる気がしたので初期のストレートを使っています。

 

 

注意点

セミオープンなので若干音漏れします。クリックを鳴らして録音するようなレコーディングには不向きなのでご注意を。

 

あと、折りたためません。

 

 

 

これで使えるヘッドホンが増えたのでミックスが楽しくなりそうです。複数つなげられるヘッドホンアンプも買わなければ。 

 

BEHRINGER  ヘッドフォンアンプ HA400

BEHRINGER ヘッドフォンアンプ HA400

 
AKG プロフェッショナルスタジオモニター・セミオープンヘッドフォン K240MK2 【国内正規品】
 

 

 

 よければ以下の記事もどうぞ。

www.emuramemo.com

 

www.emuramemo.com

emuramemo(c) All Rights Reserved.