emuramemo

製品レビュー、HTML/CSS、webデザイン、音楽、その他いろいろ

節約と保冷のためにサハラマグを導入

夏になると一日一回はコンビニで飲み物を買ってしまいがちです。

 

・ちょっと節約したい

・机がコップの結露で濡れる

・すぐ飲み物がぬるくなるので保冷、保温したい

・市販の飲み物が甘すぎてつらい

 

ということで水筒を買うことにしました。

 

 

水筒を選ぶ条件

・スリムで細くカバンに入れやすい

・氷が入れられる口の大きさ

・洗う部品が少ない

 

ハンズで水筒を眺めに行くとシンプルな筒がありました。

それがサハラマグです。

 

変な装飾がないしパーツも少ない。毎日の洗浄を考えると洗う部品が少ないのがいいと思いサハラマグに決定。

 

なによりシンプルなデザインがいい。日本が誇れるグッドデザインだ。

 

 

サイズ・大きさ

200mlと300mlと350mlで迷いました。

 

実際にものを見てみると350mlは高さが増えるのではなく一回り太くなっています。カバンを占領しそうなので却下。

しかし350mlだけは飲み口の加工が丸く口当たりが良さそうでした。

タイガー 水筒 ステンレスミニボトル 「サハラマグ」 軽量(夢重力) ブラウン 350ml MMZ-A035-TV
 

 


200mlはよく売ってる缶コーヒーと同じくらいのサイズ。

タイガー 水筒 ステンレスミニボトル 「サハラマグ」 軽量(夢重力) ブラウン 200ml MMP-G021-TV
 

 

夏場に使うには少し足りないかなと思い、最終的に300mlに決定。

 

300mlは200mlをそのまま縦に伸ばした形です。

カバンにするっと入り大変気に入ってます。あととても軽い。

 

 

保冷力

夜にコーヒーを淹れて冷蔵庫で冷やしたものを、朝にサハラマグに氷3つと共にいれて持って行きました。

 

出勤して6、7時間。ほとんどフタは開けっ放しでしたが、氷はひと回り小さくなったけど残っておりコーヒーも冷たい。会社でフタを開けっ放しで使う予定だったのであまり保冷は期待してなかったんですが、魔法瓶すごい。

 

残った氷を見て小学校の頃を思い出すなぁ。放課後、水筒のお茶を飲み干して残った氷をみんなでガリガリ食べてました。

 

冬場は会社のコーヒーメーカーでホットを入れようと思います。

 

 

洗いやすさ

パーツはフタと本体のほぼ2つだけなので非常に洗いやすいです。

フタの内側部分の隙間が細いので心配してたのですが、こちらは洗剤と水でしっかりゆすぎます。細いスポンジ的なものがないと隅までゴシゴシ洗えないので気にする人はやめといたほうがいいかもしれません。


心配なのはめんどくさがりな自分が毎日洗い物が出来るか。あと毎日のようにコーヒーを淹れる習慣をつけられるか。コーヒーは入れる時間がかかるのでたまに紅茶にしよう。

 

/*追記*/

水筒を毎日退社前に洗う習慣をつけたので洗い物のめんどくささは大丈夫でした。

夏は紅茶が特に良い感じでした。冷やすなら、リプトンのイエローラベルより高いですがアールグレイがおすすめです。 

トワイニング ティーバッグアールグレイ 20P×4個

トワイニング ティーバッグアールグレイ 20P×4個

 

 

 

色のバリエーション

300mlのサハラマグの色は白、ブラウン、ピンクとありますが全体的にラメっぽいというか少しメタリックな加工色です。


小さい水筒なのであまり男性はターゲットに入っていないのかもしれません(200mlはマットな黒とかあったんですが)。

 

ビックカメラがmetsa(メッツェ)という北欧カラーシリーズのサハラマグを出していて、それを通販で買いました。

f:id:emj1025:20160730110746j:plain

ベタ塗りしたミントカラーでオシャンティーです。紺もありましたがミントのほうが少し安かったのでラッキーでした。多分旧モデルのため在庫処分で安かったんだと思います。

 

Amazonで買うと2000円前後(実店舗だと3000円くらい)なので、一ヶ月くらいコンビニでジュース買うのをガマンすれば元はとれます。一週間に一度、浮いたお金で昼ごはんのグレードをアップできるかもしれません。使わなかった100円を貯金するのもいいかもしれませんね。

 

 

 

以下は旧モデルでカラーバリエーションが異なります。

タイガー 水筒 ステンレスミニボトル 「サハラマグ」 軽量(夢重力) ホワイト 300ml MMP-G030-WP
 

 

ビックカメラオリジナルのカラーリングのサハラマグ「mesta」。旧カラー?

 

metsaの新カラー?ビックカメラの通販でも売ってます。

 

 

emuramemo(c) All Rights Reserved.